海外高齢者ビジネスセミナー(TKPガーデンシティ天神)5/23

現在、日本では65歳以上の人口が全人口の21%を超える超高齢社会になっていますが、近い将来には減少傾向に転じると推測されています。一方、シンガポールは2030年、中国・タイでは2035年にそれぞれ超高齢社会に至ると推測され、ベトナムも2035年に65歳以上の人口が14%を超えると予測されています。高齢者産業は、養老施設、福祉機器・用品、訪問介護、高齢者向け住宅など幅広く、今後さらに高齢化が進む中国やASEAN地域において様々なビジネスチャンスが存在していると考えられます。本セミナーでは、中国ならびにASEAN地域における高齢者産業の現状や課題、参入事例などをご紹介します。是非ご参加ください。

海外高齢者ビジネスセミナー